スキルアップ
2013年11月6日
スティーブ・ジョブズの「ピンチの時に組織から力を引き出す言葉」
[連載] スキマ時間の1分間を有効活用。偉人の名言で自分磨き【1】
『1分間スティーブ・ジョブズ』より
  • はてなブックマークに追加

偉人たちの「名言」は有名・無名問わずたくさんありますが、どれもその短い言葉を紐解くと、成功やピンチを解決するヒントが見えてきます。今回は、iPhone 5s、iPad Airでますます絶好調のアップルの創業者、スティーブ・ジョブズの名言を紹介しましょう。通勤時間や待ち時間など、「スキマ時間の1分間」を活用して、自分磨きに役立ててください。


ピンチの時には身近にいる人を総動員して、彼らを信じるんだ。


 スティーブ・ジョブズは優秀な人間だけを集めてチームをつくるのが好きだ。いくら優秀でも個人の力には限度があるものだが、チームにまとめることで限度を超えさせる。それがジョブズである。

 たとえば、ジョブズが創業したピクサー・アニメーション・スタジオの世界的ヒット『トイ・ストーリー』の続編『トイ・ストーリー2』の危機への対応がそうだ。当初、『2』はビデオ用として制作が進んでいたが、共同制作会社ウォルト・ディズニー・カンパニーとの話し合いで、急に劇場用に変更されたのである。

 劇場用となると、素材を大きく増やし、ストーリーも修正する必要があるが、残された時間はわずか8カ月。しかも監督ジョン・ラセターは新作『バグズ・ライフ』にかかりきりで、『2』に時間をさけない。

 公開時期を延ばすか、そこそこのできでよしとするか。ジョブズの答えはいずれもノーだった。焦るラセターにこういった。

「ピンチの時には、新しい人材を探す暇はない。身近にいる人員を総動員して、彼らを信じるんだ」

『2』のチームは家族に会うことすらできない超過勤務をやりとげ、1作目をしのぐ巨額の興行収入を上げたのである。

 ラセターは、こう振り返っている。

「ジョブズは、僕に最善ともいえる助言をくれたね。僕はその通りにしたよ」

(了)
  • はてなブックマークに追加





1分間スティーブ・ジョブズ
人生に革命を起こす77の原則
桑原晃弥 著



【著者】桑原 晃弥(くわばら てるや)
経済・経営ジャーナリスト。広島県生まれ。慶應義塾大学卒。業界紙記者、不動産会社、採用コンサルタント会社を経てフリージャーナリストとして独立。また、トヨタ式の実践、普及で有名なカルマン株式会社の顧問として「人を真ん中においたモノづくり」に関する書籍やテキスト、ビデオなどの企画、編集を行っている。著書に、『スティーブ・ジョブズ名語録』『「トップアスリート」名語録』(PHP研究所)、『自分の見せ方が上手い人、下手な人』(成美堂出版)などがある。