ビジネス
2014年4月22日
与沢翼・成功のカラクリ【3】成功者を分析し、愚直にマネをしろ
[連載] 秒速で10億円稼ぐありえない成功のカラクリ【3】
文・与沢 翼
  • はてなブックマークに追加

たった1人でネットビジネスに参入し、わずか半年で7億円を稼ぎ出すと共に、業界のカリスマにのぼり詰めた与沢翼。反面、派手な演出でメディアに登場する姿を見たり、発言を聞いたりして、アンチ与沢翼のなった人も少なからずいる。そうした良い面でも、悪い面でも注目を集める若手起業家・与沢翼の著書『秒速で10億円稼ぐありえない成功のカラクリ』から、誰でも実践できる成功法則を紹介する本連載。第3回目は、成功者になるための「勉強法」について語る。


ナンバーワンだけから学べ


 成功するために成功者の戦略に学ぶということも大事だが、成功者なら誰でもいいわけではない。

 私が、いつも言っているのは「成功者の中でもナンバーワンから学べ」ということだ。

 ある分野で圧倒的ナンバーワンの商品、それをつくりだしている企業を分析することは非常に有効だ。なぜなら事業の答えがそこに書かれているからである。

 もちろん、そうした成功者や成功企業の戦略までは、なかなか探ることができない。それでも外見上にいろいろな形で表れてくるものから洞察することはできる。

 いい商品にしても、優れたマーケティングにしても、そこには何らかの理由と行動があるはずで、その秘密は、たとえば広告宣伝やセールス手法の中にも見えてくる。それを拾っていくのである。

 私も、これまで上場企業からベンチャー企業まで、いろいろなナンバーワン企業を分析してきた。上場しているような企業なら有価証券報告書が開示されていて、それを読めば、決算の内容や事業の概況、どんなリスクがあるかということが理解できる。

 EDINET(エディネット)と呼ばれる、金融庁が提供している「金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム」を使えば、ネット上で誰でも見ることができるので、気になる企業は見ておいた方がいい。

 それ以外でも、たとえばEC(電子商取引)事業をやっている企業なら、サイトのつくり方や商品写真の見せ方、コミュニティサイトでのやりとり、メルマガの内容などからも「どうやって強みをつくり出しているのか」を読み解ける。

 他にもネットでキーワード広告を出稿していたら、どんなキーワードを使っているのか、そのキーワードの単価はいくらかもグーグルで調べる。それによって、広告費をどれぐらいかけているかという戦略も推測できる。

 難しそうに思えるかもしれないが、こんなことはパソコンとネットさえ使えれば、誰でもできるものだ。こうした「調べぐせ」をつけているかどうかが、戦略上の勝敗を決めてしまうのだ。

 もちろん、そうやって調べていくことで「これは、どうやっても勝てないな」と思うようなケースも出てくる。すでに、株式公開を果たして資本を大幅に増強していたりするような相手と、まともに戦っても勝ち目はない。そんなときは、どうするか。

 そうした「強い相手」が強くなる前に何をしていたかを調べるのだ。たとえば、ソーシャルゲームで大手となったモバゲー(DeNA)やグリーが、メディアでCMをバンバン打つ前は何をしていたか。

 SEO(検索エンジンの最適化)やメルマガ、友達を紹介すると得する口コミなどで、それほどお金をかけずに一気に会員ユーザーを獲得していたことが分析できたので、そうした戦略は非常に参考になった。

 このとき重要なのは「勝てている企業」を複数見て共通点を探すということだ。勝てていない企業から学んでも間違った方向に行ってしまうから気をつけた方がいい。
  • はてなブックマークに追加





秒速で10億円稼ぐありえない成功のカラクリ
与沢 翼 著



【著者】与沢 翼(よざわ つばさ)
1982年11月11日生まれ。早稲田大学卒業。株式会社Free Agent Style Holdings代表取締役会長。2017年、年商1000億円のグループ企業を目標にビジネスを展開し続ける。テレビ番組「笑っていいとも」「ダウンタウンDX」「有吉ジャポン」「ありえへん∞世界」、雑誌「週刊新潮」「週刊ダイヤモンド」「AERA」「週刊ポスト」「東京ウォーカー」、ラジオ「J-WAVE」など多数出演。今、最も注目を集める若手起業家である。著書に『Super Free Agent Style』(角川フォレスタ)、『秒速で1億円稼ぐ条件』(フォレスト出版)、『秒速で10億円稼ぐありえない成功のカラクリ』(SBクリエイティブ)がある。