動画
2015年5月7日
問題にぶつかったら、まずノートに書いて整理する
[連載] 【動画セミナー】マッキンゼー流ノート術【1】
解説・大嶋祥誉
  • はてなブックマークに追加

世界最強のコンサルティング・ファーム、マッキンゼー&カンパニーの社員が叩き込まれる「問題解決のためのノート術」を伝授するこの企画。講師は、マッキンゼーで全社戦略立案・営業戦略立案などのコンサルティングプロジェクトに従事してきた大嶋祥誉さんです。今回は情報の整理法。問題にぶつかったとき、すぐに解決策を考えようとせず、まずは集めた情報を「Where」「Why」「How」にわけることが、問題解決を最速で進めるためにはとても重要なのだと大嶋さんは言います。


  • はてなブックマークに追加



[連載]【動画セミナー】マッキンゼー流ノート術 記事一覧
[1]問題にぶつかったら、まずノートに書いて整理する


マッキンゼーのエリートはノートに何を書いているのか
トップコンサルタントの考える技術・書く技術
大嶋祥誉 著



大嶋祥誉(おおしま さちよ)
センジュヒューマンデザインワークス代表取締役。エグゼクティブ・コーチ、組織開発・人材育成コンサルタント。上智大学外国語学部卒業。米国デューク大学Fuqua School of Business MBA取得。米国シカゴ大学大学院人文科学学科修士課程修了。マッキンゼー・アンド・カンパニーでは、新規事業のフィージビリティスタディ、全社戦略立案、営業戦略立案などのコンサルティングプロジェクトに従事。その後、ウイリアム・エム・マーサー、ワトソンワイアット、グローバル・ベンチャー・キャピタル、三和総合研究所にて、経営戦略や人材マネジメントへのコンサルティングおよびベンチャー企業支援に携わる。2002年より独立し、エグゼクティブ・コーチング、組織変革コンサルティング、チームビルディングやリーダー開発に従事する。著書に『マッキンゼー流 入社1年目問題解決の教科書』『マッキンゼー流 入社1年目ロジカルシンキングの教科書』(SBクリエイティブ)がある。