動画
2016年10月11日
明日使いたくなる"人工知能"キーワード【7】「教師なし学習」
[連載] 動画で解説『絵でわかる人工知能』【7】
解説・三宅陽一郎、森川幸人
  • はてなブックマークに追加

話題の「人工知能」にまつわる技術から、いま知っておきたい68のキーワードを解説したサイエンス・アイ新書『絵でわかる人工知能』より、さらに12のキーワードを厳選。著者の三宅陽一郎さんと森川幸人さんが、イラストと解説で、わかりやすく紹介します!


  • はてなブックマークに追加



【出演】
三宅陽一郎(ゲームAI開発者)
森川幸人(グラフィッククリエイター)

【全体の構成】
動画は全12本。1本につき1つのキーワードを解説しています。
1. シンギュラリティ
2. 強いAI、弱いAI
3. IBMワトソン
4. スマートシティ
5. ニューラルネットワーク
6. ディープラーニング
7. 教師なし学習
8. AlphaGO
9. 自動会話システム
10. 協調フィルタリング
11. ゲームAI
12. 人工知能と倫理





絵でわかる人工知能
明日使いたくなるキーワード68
三宅陽一郎、森川幸人 著



三宅 陽一郎(みやけ よういちろう)
京都大学で数学を専攻、大阪大学(物理学修士)、東京大学工学系研究科博士課程(単位取得満期退学)。デジタルゲームにおける人工知能の開発・研究に従事。国際ゲーム開発者協会(IGDA)日本ゲームAI専門部会設立(チェア)、日本デジタルゲーム学会(DiGRA JAPAN 理事)、芸術科学会理事、人工知能学会編集委員、CEDEC委員。共著『デジタルゲームの教科書』『デジタルゲームの技術』 翻訳監修『ゲームプログラマのためのC++』『C++のためのAPIデザイン』(SBクリエイティブ)「はじめてのゲームAI」(『WEB+DB PRESS』 Vol.68、技術評論社)『ゲーム、人工知能、環世界』(現代思想、2015年12月号)。最新の論文は『デジタルゲームにおける人工知能技術の応用の現在』(人工知能学会誌 Vol.30, Webで公開)。facebookグループ『人工知能のための哲学塾』主催。twitter上では『ゲームAIラウンドテーブル・オン・ツイッター』『ゲームデザイン討論会』を主催している。論文、講演資料はブログを通じて公開している。「y_miyakeのゲームAI千夜一夜」

森川 幸人(もりかわ ゆきひと)
グラフィック・クリエイター。1959年岐阜県生まれ。1983年筑波大学芸術専門学群卒業。株式会社ムームー 代表取締役。主な仕事は、CG制作、ゲームソフト、スマホアプリ開発。2004年「くまうた」で文化庁メディア芸術祭 審査員推薦賞、2011年「ヌカカの結婚」で第一回ダ・ヴィンチ電子書籍大賞大賞受賞。代表作は、「アインシュタイン」「ウゴウゴ・ルーガ」(テレビ番組CG)、「ジャンピング・フラッシュ」「アストロノーカ」「くまうた」(ゲームソフト)、「マッチ箱の脳」「テロメアの帽子」「ヌカカの結婚」(書籍)、「ヌカカの結婚」「アニマル・レスキュー」「ねこがきた」など(iPhone, androidアプリ)