カルチャー
2014年9月9日
ねこ背を治せば視力はぐんぐん回復する!
[連載] 『7日間で突然目がよくなる本』より【前編】
文・清水 真
  • はてなブックマークに追加

 何だか目の調子がよくない......。
「視力がだんだん落ちてきている。遠くの物が見えづらくなった」
「パソコンの使い過ぎで、いつも目が疲れている」
 こんなことが気になっている方は、大勢いらっしゃることでしょう。
 また最近では、子どもの視力低下もポピュラーな問題になっています。

 とはいえ、切羽詰まった重篤な症状の場合を除いて、ほとんどの人が「目が悪くなるのは仕方ないこと」と、不調を放置したまま、日常生活を送られているのが現実です。

「ウチの家族はみんな目が悪い。近眼も遺伝だから仕方ないよね」
「視力は、年齢とともに落ちてくるのが普通」
「目が疲れるのは現代人なら当たり前。目薬を使えば大丈夫」
 そんなふうに軽く考えてしまうことが多いのです。

 また、目の治療というもの......とくに「目の手術」に対しては、やはりどうしても恐怖心がつきまとい、治療そのものを敬遠することもあるでしょう。

 しかし、目の不調をそのままにしておけば、やがて症状がどんどん悪化して、確実に生活に支障をきたすことになります。

 近視や老眼がひどくなれば、生活のなかで接するあらゆるモノがとても見えにくくなります。遠くが見えない、手元が見えない、書類や本の文字が見えない......。当然、仕事や生活にも悪い影響を及ぼすでしょう。
 パソコンの使い過ぎによるドライアイがどんどん悪化すれば、強い眼痛に見舞われることもあります。

 さらに、目の不調をきっかけにして、肩コリや頭痛、めまいなどの、非常につらい症状を併発することが多々あります。実際に私が営む治療院(整骨院・鍼灸院)にも、肩コリなどの体調不良と併せて、目の不調を訴える方が多く来院されています。

 目の不調は、私たちにとって大問題......。
 だけど、それを解決するのは大変......。
「目の不調を、もっと簡単に改善するには?」
「メガネやコンタクトレンズ、手術などに頼らず、視力を回復させるには?」

 そう考え、いくつかの"視力回復法"にチャレンジされた方もいらっしゃるでしょう。
 しかし、もし仮に、それらの効果を実感できなかったとしたら、あなたの目の不調、視力低下の"根本的な原因"を考えてみませんか。

「姿勢の悪さ」が、あなたの目を悪くする根因


 私が考える「目が悪くなる根本的な原因」は、ずばり「姿勢の悪さ」です。
 そう、あなたの「悪い姿勢=ねこ背」こそ、目の不調、視力低下を引き起こす根本的な原因なのです。
 意外に思われるかもしれませんが、じつはねこ背と目の不調、視力低下には、深い因果関係があります。

・ねこ背を治して、正しい、美しい姿勢を得られれば、視力は自然と回復します。
・子どもの仮性近視もよくなって、メガネが要らなくなるでしょう。
・白内障も改善して、視界が晴れやかになるはずです。

 逆にいえば、もしねこ背を改善させずにそのままにしていれば、今はそう感じないとしても、いずれは何かしらの目の不調が現れる、視力低下が急速に進んでしまう、ということです。

 私は13年ほど前より、札幌市内を中心に整骨院と鍼灸院を営んでおり、「姿勢教育指導士」という立場から、「姿勢矯正」をベースとした施術を行い、同時に、「ねこ背を自力で矯正する体操」の普及につとめています。
 最近とくに、生活環境の影響によって、ねこ背の人が急増しています。そして、ねこ背の矯正で私の元を訪れる人の多くが、同時に目の不調を訴えるのです。

 こうした人に対して、ねこ背矯正の施術と体操指導を行うことで、私はこれまでに数多くの視力回復を実現してきました。
 骨格を正しい位置に戻した結果、視力低下、緑内障、ドライアイ、眼精疲労......様々な目のトラブルが解決した実例をたくさん見てきました。

 私が考える「骨格が整った」状態とは、全身の歪みを取り除いて、体の左右前後のバランス(高さや角度など)がきちんと揃っていることです。
 そうなって初めて、「姿勢がよい体」になるのです。そして、姿勢を正すことで、目の見え方が変わってくるのです。

  • はてなブックマークに追加





7日間で突然目がよくなる本
1日5分!姿勢からアプローチする視力回復法
清水 真 著



【著者】清水 真(しみず まこと)
1973年北海道生まれ。(株)NaturalHands。一般社団法人姿勢道普及協会理事長。姿勢教育指導士、日本スポーツクラブ協会認定マスターインストラクター、中高老年期運動指導師。2001年より北海道札幌市内を中心に整体院、整骨院、鍼灸院を展開。「姿勢の専門家」として過去12万人の姿勢矯正を行ってきた経験から、姿勢の悪さと視力、痛み、肥満など身体的な不調、また自律神経失調症など精神的な症状との関連を実感。講演活動や各種セミナー、テレビ、ラジオ等を通じて「姿勢の大切さ」の啓蒙にあたっている。著書に『ねこ背は「10秒」で治る!身長が伸びる、やせる! 背伸ばし体操』『大人でも身長が伸びる!やせる! 背伸ばし体操』(共に講談社)がある。