• 動画
    2016年8月25日
    明日使いたくなる"人工知能"キーワード【1】「シンギュラリティ」
    解説・三宅陽一郎、森川幸人 著
    話題の「人工知能」にまつわる技術から、いま知っておきたい68のキーワードを解説したサイエンス・アイ新書『絵でわかる人工知能』より、さらに12のキーワードを厳選。著者の三宅陽一郎さんと森川幸人さんが、イラストと解説で、わかりやすく紹介します!
  • ビジネス
    2016年8月24日
    71年前から変わらない「日本の官僚組織」
    文・松本利秋(国際ジャーナリスト)
    今年は、終戦から71年目。今も昔も日本の問題点として指摘されるリーダーシップや意思決定の不在。それが顕著にみられたのが、太平洋戦争末期に「負け」を先送りにした当時の戦争指導部だと、国際ジャーナリストの松本利秋さんは言う。現在の国際情勢を取り上げながら、あの戦争の「失敗」に迫り、日本の官僚的組織が抱える問題を浮き彫りにしていこう。
  • 動画
    2016年8月9日
    有名中学が「ドラえもん」を入試問題で出題したワケ
    解説・吉田 たかよし
    “受験うつ”を専門に、開成や筑駒、麻布といったトップ校の受験生や、その家族に対して、受験成功のアドバイスを施している心療内科の医師・吉田たかよしさん。なぜ受かる、なぜ落ちる、なぜ伸びる、なぜ伸びない…中学受験の「なぜ」には、必ず理由があると言う「受験の神様」吉田さんに、有名中学の入試問題で「ドラえもん」を出題した学校側の“意図”を語っていただきました。
  • ビジネス
    2016年8月8日
    世界から孤立する中国は、戦前の日本と同じ過ちを犯している
    文・松本利秋(国際ジャーナリスト)
    南シナ海やAIIBを巡る問題で、孤立化を深めている中国。その状況を見ると、戦前の日本の姿と重なると、国際ジャーナリストの松本利秋さんは言う。その共通点とは何か? テレビや雑誌などでコメンテイターとして活躍中の松本利秋さんに、トップの意思決定の矛盾や、情勢判断の誤り、問題の先送り、無責任体質といった現代の日本企業も抱える問題点を通して、当時の日本がどのように世界から孤立していったのかを解説いただいた。
  • 動画
    2016年8月5日
    美しすぎる坂バカ! どうやって知識ゼロから業界屈指のヒルクライマーになったのか?
    出演・日向 涼子
    そんじゃそこらの自転車好きのお姉さんではなく、“坂バカ”と呼ばれるほど真剣にヒルクライムにとり組み、レースでは男性ライダーを凌ぐ結果を残す日向涼子さん。 そんな業界屈指の"坂バカ"ヒルクライマーが、自身の経験を下敷きとするエッセー調で、“ロードバイクあるある”からトレーニング法まで、自身が描くイラストを交えながら綴る。
  • ビジネス
    2016年8月3日
    Pepperでプログラマーのパラダイムシフトが起こる!
    ~ソフトバンクロボティクス「UXデザインワークショップ」レポート
    7月14日(木)、東京新宿で、ソフトバンクロボティクス主催のPepper開発者向けワークショップ「UXデザインワークショップ」が、開催された。登壇者は劇作家で演出家、東京藝術大学特任教授の平田オリザさんと、同大学ロボティシスト・特任研究員の力石武信さん。ロボット演劇との数年にわたる取り組みで生まれた研究成果から、ワークショップ形式で制作のノウハウを伝えるという内容に、30名の参加者たちが2時間にわたりレクチャーを受けた。その模様を紹介しよう。
  • ビジネス
    2016年7月21日
    日本企業の「先送り」体質、そのルーツは旧・日本軍にあった
    文・松本利秋(国際ジャーナリスト)
    三菱自動車工業の燃費データ偽造問題、シャープが台湾企業の傘下に入るなど、日本の名門企業の凋落ぶりには驚きを禁じ得ないが、その原因の根底には、企業トップの不決断、先送り体質があり、そのルーツを辿ると、かつての「旧・日本軍」に通じていると、国際ジャーナリストの松本利秋さんは言う。今も昔も「想定外」にまったく対応できない日本企業の体質とは? テレビや雑誌などでコメンテイターとして活躍中で、先頃『なぜ日本は同じ過ちを繰り返すのか──太平洋戦争に学ぶ失敗の本質』を著した松本利秋さんに、最近の日本企業の凋落と、かつての日本軍の組織的欠陥の共通性を考察いただいた。
  • ビジネス
    2016年6月23日
    英国離脱!? EUが抱える根深すぎる問題──世界史に学ぶ、国際ニュース
    文・茂木 誠
    2016年6月23日、イギリスのEU離脱の是非について国民投票が行われます。投票は、日本時間24日午前6時に終了し、24日15時頃に結果が発表される見込みです。離脱ということになるとユーロ加盟国だけでなく、世界経済への影響は計り知れませんが、長く続く移民問題、昨年のギリシャ危機など、なぜEU内ではごたごたが絶えないのでしょうか。その理由を、有名予備校の人気講師でSB新書『ニュースの"なぜ?"は世界史に学べ』の著者である茂木 誠さんに解説いただきました。